Monday, April 15, 2024

-惑星Cを行く[C: cancer、癌]-

雨が近づいて


風が煽り立ってきた。頭上には青空が見えるが、雨が近づくのが見えた。

風が煽り立ってきた。頭上には青空が見えるが、雨が近づくのが見えた。僕は屋外にいられる時間が限られるのに気付いた。僕は時間管理の新しいアプローチ(やり方)を試した - ギターを練習しながら、バックポーチ(裏のベランダ)を歩くのだ。それはとても合理的だった。演奏する時、僕は立って歩き回る。それなら、同じように練習したっていいじゃないか?

約一年前に進行性の癌と診断されてから、僕は何百マイルも歩いている。

題名は"Le Freak" そして(その曲の歌い出しの様に)ぶっ飛びの日々が始まる。僕は今後数週間にわたってやらなくてはいけない予定が沢山あるが、僕の健康状態が最高に良いという訳ではないので、少しばかり心配だ。より一層健康への配慮が必要となるだろうから、もっとウォーキングをするつもりだ。

僕の精神は強い。比喩として、僕は日光浴をしている。僕は雨が近づかない事を願っている。

 


今日はちょっと素敵な事を試してみた。僕はバックポーチ(裏のベランダ)やトレッドミルで歩きながらギターを練習した。


昨年12月、僕の手術の前に初めて健康に良いウォーキングを始めた。


手術後数日でのウォーキング


手術の後、何日か歩いていた時僕は一組の映画のクルーに出くわした。僕は発症の成り行きを話した。そこにはエディマーフィーがいた。


これは数ヶ月前に撮影されたもの。ハリケーンがわずか数時間で行ける所にまで近づき、沢山の雨が降っていた。


日光浴をする。